その他の行事について

その他の行事

結婚式、初詣、七五三詣、地鎮祭、初宮詣、車両入魂祭について

  1. 結婚式
  2. 初詣
  3. 七五三詣
  4. 地鎮祭
  5. 初宮詣
  6. 車両入魂祭

結婚式について

日本古来の神社で結婚の誓約をする儀式。本人同士はもちろん両家の繁栄を神主が祝詞に込めて祈ります。
神前結婚式 現在教会での結婚式や結婚の誓約を交し、人々に承認を受けるという人前結婚式等が流行していますが、やはり古式床しい神前結婚式がお勧めです。

結婚式の式次第(安中の神社での式次第です。)

1, 鎮魂の儀:今から儀式が始まることを示す為、大太鼓がなります。
2, 祓(しゅばつ):お祓いを頂き心も身体も清めていただきます。
3, 宮司一拝:宮司がこれより儀式を始める御断りをします。
4, 献饌:神様に神饌を奉げます。
5, 祝詞奏上:ふたりの弥栄、ご両家の繁栄を祈る祝詞が神職から神様に奏されます。
6, 清めの儀:八幡神社だけの儀となります。清めの言霊は気を与えるという意味があると伝えられキリスト教で行なわれている洗礼にも似ているように思います。先祖代々宮司だけに伝わる秘密の言霊と鈴の音色によりお二人に幸せになる為の神通力を賜ります。
7, 三献の儀(三々九度盃の儀):古式に習い三三九度の盃を交します。
8, 指輪交換の儀:省略される方もいます。
9, 新郎新婦玉串奉奠・誓詞奉読:神様に対して永遠の誓いを立てます。
10, 宮中神楽、豊栄の舞奉納:本日の結婚の儀を寿ぎ宮中神楽、豊栄の舞を奉納いたします。
11, 親族御固めの儀:両家の繁栄を祈り、そろって御神酒を頂きます。
12, 親族玉串奉奠:親族の代表が玉串を奉りお参りをします。
13, 撤饌:神饌を撤去します。
14, 宮司一拝:宮司が一切の儀式の終了を神様に告げる意があります。

服装 新郎新婦の服装は、洋装・和装お二人の好みでよろしいのですが、安中の神社では、新郎は、白衣、袴に格衣、新婦は、白衣、緋袴に千早をお貸ししています。

問い合わせる

初詣について

新年に初めて神社に参詣することです。八幡神社からの初日の出は、平成新山が真っ赤に焼け絶景です。大晦日には、甘酒やおでん、開運うどんが振舞われます。

問い合わせる

七五三詣について

幼児の年祝い。人生儀礼の一種です。毎年11月15日に数え年 三歳の男女、五歳の男児、七歳の女児がをつれて神社に参拝するのが一般的です。

問い合わせる

地鎮祭について

土木建築などで工事に着手する前にその土地の神様(産土大神・大地主神)や家の神様(屋船久々遅大神)を祀り、工事の安全を祈る儀式。

問い合わせる

初宮詣について

宮参りとも言い、生後初めてお宮にお参りに行くことです。神様に生を受けたことのご挨拶を申し上げる意味があります。男児は32日目、女児は33日目にお参りに行くとされていましたが、現在は、それに限られていません。

問い合わせる

車両入魂祭について

車祓いとも言い、車輌を購入した時に交通安全を祈り神社で車のお祓いを受けます。

問い合わせる

PAGE TOP